ベストパック株式会社
 TOP > 会社概要
 
会社概要
 
 会社概要
 
商 号 ベストパック株式会社
所在地 【本社】
〒101-0032  東京都千代田区岩本町2-4-3 太陽生命神田ビル6階
TEL:03-3861-8221(代) FAX:03-3861-8220
資本金 10,000,000円
設 立 1979年10月1日
代表取締役 荻上 穣
取引銀行 みずほ銀行 京橋支店/朝日信用金庫 豊島町支店/北陸銀行 上野支店/
商工中金 神田支店/三菱UFJ銀行 秋葉原支店/東日本銀行 神田支店/りそな銀行 上野支店
 
【本社MAP】

大きな地図で見る
 
 
 会社沿革
 
1979年(S54)10月 設立
旭ダウ株式会社(現旭化成株式会社:以降旭化成)開発中の架橋二軸延伸フィルム「QX」及びチルドビーフ用多層バリアーバッグ「CB」の市場模索並びに各種包装機械・包装資材の販売を開始した。
1980年(S55) 海外展示会協催
香港(翌年広州以降3ヶ処)にて監事として属する(社)日本包装機械工業会会員企業数社と中国での展示会を企画・協催し、包装機械の中国進出の足掛りを築く。
1981年(S56) 米国と輸入取引開始
パレット包装用フィルムを米国リニアフィルム社より輸入開始、以降ボーデン社、包装機をハイライト社からの総輸入元となる。
1983年(S58)4月 旭化成2製品正式上市
旭化成が「QX」フィルム・「CB」をそれぞれ「サンテックSフィルム®Eタイプ」、「バリアロン®Sバッグ」として生産開始、総販売元となる。
1984年(S59年)10月 旭化成新製品上市
旭化成が「サンテックSフィルム®Cタイプ」の生産を開始、販売を始める。
1985年(S60) 国内包装展示会に出展
米国ハイライト社製パレットストレッチ機を中心として出展する(以降継続参加)。
1989年(H1) サンテックSフィルム®伸張
「サンテックSフィルム®」が郵政省に郵便物把束用途に採用、取扱量が伸張する。
(以降2003年迄継続)
1991年(H3)8月 本社移転
業務拡張に伴い、本社を埼玉県川口市より東京都千代田区外神田に移転する。
大阪営業所開設
大阪営業所を大阪市中央区に開設。
1994年(H6) 中国での包装機械合弁に参画
大森機械工業株式会社と中国北京長空機械有限公司との合弁会社に参画し中国包装機械業界発展の一翼を担う。
1994年(H6)6月 本社移転
業務拡張に伴い、本社を東京都文京区湯島に移転
1996年(H8) サンテックSフィルム®伸張
「サンテックSフィルム®」がコンビニエンスストアの弁当・総菜容器包装用途に採用、取扱量が伸張する。
2002年(H14) 新発想生肉包装システムを上市
株式会社古川製作所の協力を得て「BPVACシステム」を上市する。(同年11月初号機納入)
2003年(H15)11月 本社移転
業務拡張に伴い本社を東京都千代田区岩本町に移転する。
2005年(H17)7月 中華人民共和国展示会に出展
「中国国際肉類工業展覧会」(北京)に「BPVACシステム」を出展する。
2005年(H17)11月 荻上穣 社長就任
長らく社長として会社を牽引してきた荻上治男社長が代表取締役会長に就任、荻上穣が代表取締役社長に就任した。(以降2年間2人代表制)
2007年(H19)4月 第33回2007食肉産業展に出展
生肉包装分野の拡販の為('05に続き)国内展示会に出展、旭化成新製品「バリアロン®SバッグSNK」及び「BPVACシステム」を出展する
2009年(H21)10月 設立30周年
2011年(H23)10月 2011日本国際包装機械展に出展
「BPVACシステム」、旭化成製品「サンテックSフィルム® トップシール包装用ポリオレフィン系フィルムTS-20」、「バリアロン®SバッグSNK」を出展する
2012年(H24)5月 本社移転
業務拡張に伴い本社を移転
2013年(H25)10月 2013日本国際包装機械展に出展
「自動トレー包装システム(旭化成 サンテックSフィルム®・大森機械工業 DW-2002)」、「旭化成 バリアロン®SバッグSNKタイプ」、「真空包装システム BPVAC FWP-850VN」、「旭化成パックス コーパック・飛竜」を出展する
2015年(H27)10月 2015日本国際包装機械展に出展
「自動トレー包装システム(旭化成 サンテックSフィルム®・大森機械工業 STAN-8600)」、「旭化成 バリアロン®SバッグSNKタイプ」、「真空包装システム BPVAC FWP-850VN」を出展する
2017年(H29)10月 2017日本国際包装機械展に出展
「自動トレー包装システム(旭化成 サンテックSフィルム®・大森機械工業 STAN-8600)」、「真空包装システム BPVAC FWP-850VN」を出展する
2019年(R1)10月 設立40周年
 
以降営業各部
■第一営業部
MPチーム
バリアロン®Sバッグ、SN3、SNK、生肉関連その他製品取り扱い伸張
VSチーム
BPVACシステム、関連その他製品が豚肉生肉包装に多数採用され伸張
■第二営業部
サンテックSフィルム®各グレード、関連その他製品が水産練製品・菌茸類・弁当惣菜容器外装・水産加工品等に幅広く採用
 
 
 取扱い商品
 
【合成樹脂フィルム】
■サンテックSフィルム® Eタイプ(トレー包装・ピロー包装用ポリオレフィン系シュリンクフィルム)
■サンテックSフィルム® Cタイプ(食品トレー包装用ポリオレフィン系セミシュリンクフィルム)
■バリアロン®Sバック(チルドビーフ用低温収縮サラン系多層フィルム)
■BPVAC-45(チルドポーク用多層ロールフィルム)
■NYVAC-45(チルドポーク用多層ロールフィルム)
 
【包装機械】
■食品包装システム ■トレー包装機 ■ピロー包装機 ■真空包装機 ■その他関連包装機
 
【その他の商品】
■ドリップシート ■各種ラミネートフィルム ■各種プラスチック容器及びフィルム
■ストレッチフィルム ■その他関連資材
 
 
 主要取引先(順不同)
 
【仕入先】 【販売先】
旭化成株式会社 株式会社高速
旭化成パックス株式会社 ベンダーサービス株式会社
大森機械工業株式会社 株式会社ヨネヤマ
株式会社古川製作所 ホクレン農業協同組合連合会
旭洋株式会社 アイパック株式会社
大倉工業株式会社 ホクト株式会社
昭プラ株式会社 株式会社スマイル
クラフツ株式会社 株式会社新村
三井物産プラスチック株式会社 株式会社タケショー
伊藤忠プラスチックス株式会社 国分グループ本社株式会社
第一衛材株式会社 ハニューフーズ株式会社
祥富塑科薄膜包装有限公司 日本フードパッカー株式会社
OCI株式会社 スターゼンミートプロセッサー株式会社
 
 
 売り上げ
 
ベストパック株式会社 売上高推移
 
 
 
   
会社概要製品紹介採用情報お問合せ
〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-4-3 太陽生命神田ビル6階
TEL:03-3861-8221 FAX:03-3861-8220
   
All Rights Reserved, Copyright(C) BEST PACK CO., LTD.